ピアノ初心者のための音符の読み方


   ピアノって、どうやって覚えればいいの?
menuへ戻る


  ピアノって、どうやって覚えればいいの?


    楽譜が読めないうちは 練習の基本は、反復練習 です!

    楽譜を小さなブロックに区切って、各ブロックごと、
    同じ部分を繰り返し練習しながら、指の動き方 を頭に叩き込みます!


    【音符が苦手なうちは・・・・】
 1. (楽譜が読めなくて) 最初は「えーとドレミ・・」 数えながら音取り

 2. 何度か繰り返し練習するうちに、答えを耳で覚えていく!

 3. そこから先は、耳で知っている音を 「記憶」 で当てる!



    でも、 ただ 繰り返すだけでは 駄目ですよ!

    普通に反復するだけでは、なかなか頭に入らないので

    覚えようとするときは、暗記力テストのときのように、1小節ごと


  今から 10分以内 に、ここまで全部覚えるぞ!


    という気合で、何度も何度も、


 ・楽譜を見ながら覚える
 ・楽譜を隠して弾こうとする (弾けない)

 ・楽譜をもう一度見なおす
 ・楽譜を隠して弾こうとする (少し弾ける)


    とやって、頭に叩き込まないと いけないのです。


    それでも、なかなか思うようには 覚えられないもの。

    「鳥は 3歩歩くと忘れる」 と言われるように、ピアノの練習も、


    最初の4小節 を覚えて、次に5、6小節目 を覚えようとすると
    もう前に覚えた部分が、頭の中から消えている!


    これではガッカリしてしまうし、覚えたそばから忘れていたら、
    いつまでも前へ進めません!


    実は、記憶の仕方 にも、普通の人が知らない、コツがあるのです。

    その解説が、次のページです。

         ・
         ・


  3つのテクニックで覚える! (3つの特別な記憶法)

  
曲の練習法  ピアノの練習法

 楽譜が読めなくても
  「ピアニカ」 を演奏しなかった?

 どうやって覚えればいいの
 普通の人が知らない、コツ

 3つのテクニックで!
 3つの特別な記憶法  (記憶編)


   

 左手から練習開始
  指番号もきちんと守りましょう

 問題は右手の練習です
 鍵盤を見なくても弾けるように


   

 いよいよ 両手合わせ
 左手のタイミングを合わせて押す

  練習してもダメ
  なかなか うまくいかないときは?

 初心者の失敗例
 やってはいけない練習

 苦手克服のポイント
 どうすればできるようになるのか?




    
  もっと上手になりたい方へ


  もっとスラスラ 音符が読めて
  ミスも 減らしたい

  
(中級者向け 姉妹サイト)
 管理人のピアノ教室
  当HP管理人のピアノ教室です
  楽しく上達するヒントがいっぱい
ピアノ初心者のための音符の読み方
ピアノ・エレクトーンの練習