ピアノ初心者のための音符の読み方


   苦手克服の5つのポイント
menuへ戻る


    練習してるのに、なかなかうまくいかない!


    そう感じたら、チョット自分の練習を振り返ってみてください。


   今まで、押してもダメなドアを、
   いつまでも押そうとしてませんでしたか?

    そのやり方で開かなかったら、ちょっと発想を変えてみるのです。

    もしかしたら、手前に引けば簡単に開くかもしれませんよ。



  悪いの反対は良い!


    何も考えずに、練習量だけで勝負 してるのは
    押してもダメなドアを、いつまでも押し続けるのと同じです。


    それより、どうすればできるかな? と、やり方を変えてみてください。

    大抵は、今失敗していることの反対 をやれば、それが成功です!



 部分練習を徹底!



    「今失敗していることの反対」 → 通し練習ではなく、部分練習を!


    楽譜の表面をなぞるだけ の練習ではなく、
    苦手部分のみ 抜き取った、エンドレスリピート。

    このとき、そのブロックが弾けるようになっても、

    「じゃあ、始めからもう一度弾き直しだ!」 の誘惑に負けないで

    その直前の小節も加えて、もう一度部分練習をしてみましょう。


    苦手な部分は、その部分だけでなく、
    直前の指のポジションにも問題があることも多いので、

    直前の小節から弾いても自然に流れるようになるまでは、
    部分練習を 続けてみてください。


 スローペースでさらったらどうか?



    「今失敗していることの反対」 → スローペースで練習!


    難しい部分に対しては、ゆっくり 弾いてみます。

    かなり テンポを落として、指の動きをじっくり見ながら、
    鍵盤の 左右 ド真ん中 を叩く意識で弾いてみます。

    弾けないのに 無理してテンポアタックすると、
    ミスタッチのクセ がついてしまいます。

    それより、確実に弾けることを身につけるほうが大事です。


    ただし、いつまでも スローテンポのままだと、下手に聞こえてしまいますので、
    少し弾けるようになってきたら、徐々に、テンポを 元に戻していきます。


 右手は見ないで弾いたらどうか?


    「今失敗していることの反対」 → 全部見ようとしない!


   うまく弾けないところは、
   右手も 左手も、「全部見よう」 としている場合が多いものです。

   それを、右手の視点を捨てたら、さらに弾けなくなると思うでしょう?

   ところが 実際にやってみると、
   予想に反して、ビックリするほど 弾きやすくなります。


    見ないほうの右手は、
    目をつぶって 指の感覚 だけで弾く練習 を積んでみます。

    すると、今までは 両手同時に見ないと弾けなかった曲に対して、
    右手だけは 見なくても弾けるようになれますから、

    ビックリするほど 弾きやすくなります。


 基礎筋力は足りているか?



     「今失敗していることの反対」 → 基礎力に自信あり!


    基礎筋力は足りてますか? もし筋力が足りないのなら、
    今の練習を続けるより、 指の基礎筋力を上げる ほうが先です。

    筋力が足りないのに、無理に 今の練習を続けると、

    「字が上手になりたいのに、そのための練習が、下手な字を書き殴る」

    となって、やればやるほど、演奏に悪いクセがついてしまいます。


    一旦 今の練習を保留にして、練習曲などで
    基礎力を上げてから 再挑戦してみてください。

    今度は、違う結果が 得られるはずです。



 指使いを変えてみたらどうか?



    「今失敗していることの反対」 → 指使いを変えてみる!


    楽譜に書いてある指使いをチェック。
    続いて 前後の流れ をチェック。

    そのうえで、指使いを、もっとラクにできないか? 
    左手や右手でカバーできないか?

    何通りかの指使いを、試してみてください。



    ミスに対する練習の仕方は?

    繰り返し練習すること! それしかない!

    そう思っていませんか?


    できないところは
    なぜできないのか? どうすればできるようになるのか?

    と考えてみてください。

    同じ失敗を繰り返すのは、
    押してもダメなドアを、いつまでも押し続けてるのと同じ。

    そのやり方で開かなかったら、ちょっと方向を変えてみるのです。

    もしかしたら、手前に引いたり、横にスライドさせたら簡単に開くかもしれませんよ。



  ピアノ初心者のための音符の読み方 (TOPに戻る)

  
曲の練習法  ピアノの練習法

 楽譜が読めなくても
  「ピアニカ」 を演奏しなかった?

 どうやって覚えればいいの
 普通の人が知らない、コツ

 3つのテクニックで!
 3つの特別な記憶法  (記憶編)


   

 左手から練習開始
  指番号もきちんと守りましょう

 問題は右手の練習です
 鍵盤を見なくても弾けるように


   

 いよいよ 両手合わせ
 左手のタイミングを合わせて押す

  練習してもダメ
  なかなか うまくいかないときは?

 初心者の失敗例
 やってはいけない練習

 苦手克服のポイント
 どうすればできるようになるのか?




    
  もっと上手になりたい方へ


  もっとスラスラ 音符が読めて
  ミスも 減らしたい

  
(中級者向け 姉妹サイト)
 管理人のピアノ教室
  当HP管理人のピアノ教室です
  楽しく上達するヒントがいっぱい
ピアノ初心者のための音符の読み方
ピアノ・エレクトーンの練習