ピアノ初心者のための音符の読み方


   最後は暗譜の本当の理由 (代表的な失敗例)
menuへ戻る


手元ばかり見ないで、楽譜を見ながら弾いてくださいね!
楽譜を見て弾かないと、読譜力が育ちませんからね!


   これって本来は、

   そろそろ 『初見の練習』 をスタートさせてくださいね! の合図なのです。

   自主的に、 『初見の練習』 をスタートさせて


     ではなく  ができるようになって


   手元を見なくても、心の目で鍵盤を見ながら弾けるようになってね! と。

   (そのために、楽譜を見て弾かないと、読譜力が育たない と言ってるわけで)


   しかし、そうは言われても、『初見の練習』 は始めなかった。

   やるのは今まで通り 「曲の練習」 ばかり。 するとどうなるか?

        ・
        ・

   音符は読めないけど、先生には怒られたくない! となると、

   先生の前で 演技 に走ってしまうことになります。


先生の前では、いかにも読めてるフリをしてるが
実際には楽譜なんて全然見えてない!

楽譜をスラスラ読んでいるように見せかけながら
実際には、記憶の音を 指が必死に探してる!


   しかし 手元を見れない状態 で 演技のまま 弾いてるので
   今までより かえってミスが増えている!

   ちょっと油断したら、 『不合格2連発』 に突入してしまう!

   なので結局、楽譜を見ながら弾いてくださいね! というルールは
   いったん引っ込められて、

   目の前の課題 を合格させること が優先される!

   そのために 最後は暗譜! と言って、元のルールにいったん戻る。

        ・
        ・

  えっ? そうなのですか?
  でも、暗譜すると表現も良くなるから って言われた気が……



   それは 発表会の曲 だけですか? 普段のレッスンの 練習曲 でも?


  普段の練習曲も、「常に暗譜」 でした!


   ちょっと考えてみてくださいね!


   「暗譜すると表現も良くなるから、暗譜しましょう!」


   それって、暗譜しないと届かないレベル まで先生に要求されてるのでしょう?

   それだけ表現に厳しい先生なら、かなり合格基準も厳しくなるはずで
   相当 素敵な表現 にならないとおかしいのに、

         ・
         ・

   そのわりには、合格時もこのような演奏ではありませんでした?


   練習曲を、メトロノームにあわせて、カチカチ弾いてる感じ。
   単調な弾き方で、抑揚や変化がない。


   (あるいは、変化がアカラサマすぎ)


   暗譜すると表現も良くなるから というのは 上級者の世界の話 なのです。


   ピアノを始めてまだ日が浅い、初心者時代・・・・・

   それも 練習曲の課題 に対して 「最後は暗譜」 と言われてるときは?

   目の前の課題 を合格させること を優先させたときなのです。

   練習曲なのに、暗譜までして仕上げないといけないなら、

   それだけ、表現の合格基準も厳しくなってないと、
   説明がつかないわけで……。



  練習曲でマルをもらうための表現しか知らない!


   【レッスンで使ってるシステム】

1.楽譜の記号を守って、感情を込める

2.それを補足する
  先生から言葉の指示 (書き込み) も守る


   これは、名曲を美しく弾くための教わり方 ではなく、
   レッスンで先生にマル をもらうための弾き方 なのです。


   ですからその結果、どのような演奏になるか? というと、

   練習曲を、メトロノームにあわせて、カチカチ弾いてる感じ。
   単調な弾き方で、抑揚や変化がない。


   (あるいは、変化がアカラサマすぎ)


   それは、今まで教わってきた表現力 を終結させた、
   本気モードの発表会のときでも同じで


例えば、子供の発表会で、

練習曲をメトロノームに合わせて弾くような、
単調な演奏を耳にすることがあります。

その子の選曲は「エリーゼのために」。名曲です。

なのにその子が弾くと、
なぜか「エリーゼのために」が練習曲のように聞こえてしまう……。


   レッスンで教えてる表現そのものが、子供向けのシステムなのです。

   だから、たとえ才能がある子であっても、
   この弾き方で、プロのピアニストのような美しい演奏にはなりません。

   プロのピアニストは、全く違う手法で弾いてるのです。


 関連リンク …… ホロヴィッツが新しい曲に挑戦するとき (姉妹サイト)




  ピアノ初心者のための音符の読み方 (TOPに戻る)

  
楽譜の読み方
曲の練習法
練習のコツ
代表的な失敗例


  

 LESSON


 子供レッスン サボり編
 練習曲を順番通りに

 子供レッスン 普通編
 どんな指導を受けてる?

 初見がデキナイ編
『練習曲』 の失敗率が高い

 大人の初心者編
 基礎からみっちりは失敗する

 曲からスタート編
 1曲だけの狙い撃ちは失敗する

 スパルタレッスン編
 自信がないのにコンクール参加


  

   曲の難易度


  難易度のめやす

  人と比べて
  あなたは優秀な方か?



  


  姉妹サイト


  ピアノが上手になる
  超簡単ヒント集


  初見が出来るようになりたい
  ミスも 減らしたい


  
(中上級者向け 姉妹サイト)


  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
ピアノ初心者のための音符の読み方
ココを押すと中メニューに戻ります