ピアノ初心者の音符の読み方(プロの先生が解説)

ピアノ初心者の音符の読み方(プロの先生が解説)

音符と鍵盤の動きを一致させる


質問音符を覚えたのに、楽譜を見ながら弾こうとすると、全然ダメなんです。
読み取りに時間がかかってそのうえミスも多くて使えません 私はどうすればいいですか?

演奏スピードに直結する 楽譜の読み方とは?

音符を読もうとしてるけど 「ええとぉ・・・」 と引っかかってしまって なかなか読むスピードが上がらない! というアナタ・・。 音符を目で読み取ったとき、 頭の中で「ド」 とか「ファの#」 と、無意識に、 言葉に変換 してませんか? 楽譜を読むときは、 音符を見て 「階名を考えるもの」 と、最初は教わりましたが もし、音符への反応スピード を上げたいと思ったら 今までの読み方のままではダメ なのです! もっとスピードアップ! を狙わないと!

音符を見る →ドレミと考える → 音符

アナタの音符を読むスピードが遅いのは、この 赤字 のところが原因ですから 今までの読み方のまま、ドレミと考えるスピードを上げる のではなく 音符 音符のまま ドン! と押すことができれば それが一番早いわけです。 楽譜を読むときは、音符を見て 「カタカナを考える」 ではなく、 音符のまま 「押せる」 を目指すのです。 だから、もしスラスラ弾きたいと思ったら、真っ先にやることは?    ・     ・  目の前の 「ええとぉ……」 を消すこと。 音符を見て考えるのではなく、音符のまま 「押せる」ために  ではなく  このように切り替えることが大切です。  ・  ・ 心当たりありませんか? 「この5小節目から弾いてみてください」 とピアノの先生に言われたとき 「最初から通して」 なら弾けるのに、「曲の途中から」 だと全然弾けない経験。  ドキッ! 私のことです! これは  のように読んでる人がハマる 失敗例 なのです。


考えずに押せるようになれば 読譜のスピードは数倍に!

 と覚えていたときは、 音符を 数えながら答えを出してますから、音符が上下に一つでもズレたら、それだけで「あれ? この音符は何だろう?」と、また一つ一つ、数え直し。 例えば、

 これは何ですか?  ではこれは?  これは?

と、矢継ぎ早に質問されたら、 初心者の方は、頭が追いつかなくて 「ええと……」 ってなってしまいますよね? ところが 音符 と覚える場合は違うのです。

 これは何ですか?  ではこれは?  これは?

と、矢継ぎ早に質問されても平気! 瞬時に答えられます。 なぜだか、わかりますか? 音符と鍵盤の位置は連動してる わけですから その音が 「ドレミ……」 の何なのか? 頭で考えるより先に、 指が正解を教えてくれる のです。

指が正解を教えてくれる・ 音符が1つ上なら、指も、1つ上 
・ 音符が2つ上なら、指も、2つ上 

そうは言っても、たまにはズレることもあるのでは? と思う方は、この一覧表で確認してみてください。

【確認用の一覧表】 音符

どの音符を見ても例外なく・ 音符が1つ上なら、指も、1つ上 
・ 音符が2つ上なら、指も、2つ上 


本当に例外がないのです!  あれ~ 本当だ!!…… ですから、その音を「ドレミファ……」 なんて数えなくても 見えたとおりに指を反応させるだけで、「指はココ!」と、正解を押せるのです!

楽譜 音符が緑の1つ上なら
鍵盤でも緑の1つ上が正解

これで 正解を押せるのです。何も難しいことなんてないのです!  えっ? それだけでよかったんですか? 音符って、もっと難しいモノだと…… 難しいと思い込んでたから、今まで楽譜が苦手だったのです! 楽譜が簡単だと気がついたあとなら、きっとこれからは楽譜の見え方が変わってきますよ!

まとめ
楽譜 音符が緑の1つ上なら
鍵盤でも緑の1つ上が正解
これで 正解が押せる!

本当に、これだけでいいのです。 今までの読み方のまま、スラスラなんて弾けませんよ! スラスラ弾ける人は、「ええとぉ……」と言わずに、反射神経が優れてる人なのです。 その反射神経の高め方は、「できるだけ直感的な方法で音符を読むこと!」

音符を見る →ドレミと考える → 音符

この赤い文字の部分をカットしたいと思ったら、 <ドレミと考えるスピードを上げる ではなく、簡単な読み方に切り替えたほうが早いのです!


管理人のピアノ教室 管理人のピアノ教室 ぜひ期待を持って、ご覧ください。
先生の力と教え方によって、グングン伸びたいと思いませんか?
もし当教室に通ったら、初心者の方も、面白い奇跡が起こるかもしれません! 

 次のページは…… NEXT ●●