ピアノ初心者のための音符の読み方


   ラクな方法に逃げながら、音符を読む
menuへ戻る


   楽譜を読むときは、
   音符を見て 「階名を考えるもの」 と、最初は教わるものですが

   初心者の方ほど、頭が固すぎて、カタカナの奴隷になってませんか?

   もし、音符の反応スピード を上げたいと思ったら?


  音符を見る →  ドレミと考える →  


   音符を読むスピードが遅いのは、この 赤字 のところが原因ですから
   ドレミと考えるスピードを上げる のではなく


    音符のまま ドーン! と押すことができれば

   それが一番早いわけです。


  それが、ドレミのなんなのかは分からないけど、指はココだよ!


   つまり、頭が 「ドレミ」 と確定するより早く、

   クイズ番組の、早押しスイッチの反応のように、考えるよりも先に
   ボタンを押してる自分がいる!

   そのくらいのほうが、気持ちいいわけです!


  確かにそれが理想ですけど、そんなこと、できるのですか?


   実は、ピアノが初心者の方ほど、元々の思い込みが強すぎ


    頭で 「ドレミ」 を確定してからじゃないと、鍵盤は押せないもの! 

   と信じ込んでいるのですね。


   「ドレミ」 が分からない状態で、どうやって正解を押すの?
 となって

   そこで思考がSTOPしてしまってる。

      ・
      ・

   でも、もっと上手になりたい! もっとうまくいかせたい! と思ったら、
   今よりちょっとだけ、頭を柔らかくしてみてください。


   今回は、今までの記事のような、
   魔法の呪文 でも、初めて聞く裏技 でもなく

   上級者たちに広く知られている、普通のやり方 の解説です。

      ・
      ・

   子供の頃、「努力」 とか 「素直さ」 と言われながら育って
   「人と同じことを、マジメに努力すること」 しか知らない人ほど、

   上級者の、音符の読み方や演奏テクニック に対して
   想像力 (知らない世界に対する、仮説アプローチ) が欠如している状態で

   私と同じやり方だけど、あの人だけ早くて正確なんだ! 

   と思い込みながら、
   「練習法を工夫する」 という可能性を、遮断してしまってる状態ですが


   本当は上級者の人ほど、練習法を工夫して
   初心者の知らない ズル技 をたくさん使いながら、楽譜を読んでいるのです。

   今回は、その 「ズル技」 の一つをご紹介します。



  初心者の知らないズル技 なんてあるの?


   音符を読もうとしてるけど 「ええとぉ・・・」 に引っかかってしまって
   なかなか数えるスピードが上がらない! というあなた・・。


   音符を目で読み取ったとき、

   頭の中で 「ド」 とか 「ファの#」 と、カタカナを確定させてから でないと
   鍵盤は押せないと思い込んでませんか?

   音符と鍵盤の位置関係は、完全に連動している のですから

   音符がひとつ上になれば、鍵盤もひとつ上!


   その音が 「ドレミ……」 のどれなのか? 頭でわかってなくても、
   指が正解を教えてくれる のです。

   たとえば、この表を見てください。


   【5線の編み目】

   


   ここでは、鍵盤のイラストが、ひとつおきに色が薄く なっていて、
   音符の色の薄さとも一致 してます。

   カタカナは、ほとんど書かれていませんが、それでも

   「ミ」 のひとつ上! の音符が
   鍵盤ではどこを指すか? 見れば分かりますよね?

   今までだったら、

 これは何ですか?  ではこれは?  これは?


   と、矢継ぎ早に質問されたら、毎回数え直しでアワアワなってましたよね?


   でも、先ほどの表 に照らし合わせてみると、どうでしょう?


   音符と鍵盤の位置関係は、完全に連動している のですから

   最初の基準音だけ読み取れば、残りの2つは、音符のまま ドーン! となって


        = 「ミ」 の1つ上の音を押す

        = 「ミ」 の2つ上の音を押す


   これで、正しい音が鳴るのです。 直前の音符から、1個お隣さん!


  あれ? 言われてみれば、確かにその通りだ!


   頭の中で、カタカナ判定 が分かってなくても、

   「基準音」 あるいは、「直前の音符」 からいくつ上がるか? (下がるか?)
   さえわかれば、

   あとは 指が正解を教えてくれる のですから


   上級者の人ほど、このように練習法を工夫して
   初心者の知らない技 をたくさん使いながら、楽譜を読んでいるのです。

   上級者のやり方の方が、簡単でしょう? それが、練習の工夫です。


 関連リンク …… 大人の初心者 (姉妹サイト)




  音符が読めるとは 「初見」 が出来ること

  
楽譜の読み方
曲の練習法
練習のコツ
代表的な失敗例


  

 音符の読み方


 楽譜の「ド」は 5分で
 両手のドを、一気に覚えられる

 音符を素早く読む
 今までの2倍速で読める魔法

 ヘ音記号の読み方
 魔法の呪文で覚えよう

 ラクな方法で音符を読む
 上級者と同じテクニックで

 音符カードではなく初見
 音符が読めるとは 初見のこと


  


   曲の難易度


  難易度のめやす

  人と比べて
  あなたは優秀な方か?



  


  姉妹サイト


  ピアノが上手になる
  超簡単ヒント集


  初見が出来るようになりたい
  ミスも 減らしたい


  
(中上級者向け 姉妹サイト)


  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
 管理人のピアノ教室
  当HP管理人のピアノ教室です
  楽しく上達するヒントがいっぱい
ピアノ初心者のための音符の読み方
ココを押すと中メニューに戻ります