ピアノ初心者のための音符の読み方


   最初は、小さな成功体験 を優先する (入門者向け)
menuへ戻る


 【初心者は 裏技が大好きシリーズ その3】
楽譜を読めなくても、指の動きを覚えれば
ピアノは弾けるようになる。

でもそういう人は、ある一定レベルが限界で、そこで壁に当たる
だからやっぱり、楽譜は読めるようになったほうがいいのでは?
       ・
       ・

    ピアノ経験者のほとんどの方は、そのように言うでしょう。

    確かにその通りです。教科書的には。

    ただ……

    それは、一般のピアノの先生のように、「出来る人目線」 から
    常識通りの見方をしてしまってるだけではありませんか?


    初心者の方が、どれだけ、あきらめが早いか?

    それは、自分が 『ヨガスタジオ』 や 『英会話スクール』 など

    甘く考えて入会したら、思ったよりひどい目にあって、
    すぐに辞めた経験をお持ちなら、なんとなくご理解いただけると思います。

    初心者の方にとって、ピアノはまだ、

    『ヨガ』 や 『英会話スクール』 や 『バレエレッスン』 など、やりたい
    候補の中の一つでしかない……

    だから、ちょっとでも、苦戦することがあったら、
    「できるまで頑張る」 ではなく、すぐに興味を失って諦めてしまうのです。

    そのような方に、「楽譜が読めないと、何も始まらないよ!」 なんて言ったら
    始める前から、「じゃあ、それならやらない」 となってしまうのです。


    「教科書通りの知識」 なんて、鵜呑みにデキナイのです。

    それを 誰が行うか? というところまで、計算に入れると、
    そのやり方では、目の前の結果は失敗になってしまうのですから。



  最初は、小さな成功体験 を優先する


    楽譜に慣れた人にとっては 想像もつかないことですが、
    普通の初心者が、はじめから知ってる音符は、

    五線譜の下にちょっとはみ出た   ただ一つだけ。

    それ以外の音符は、ドレミファ……と、一つずつ数えていかないと
    全然分からない。

    普通の初心者は、音符を “読む” のではなく、“解読” する。

    そして、その 解読作業 には、時間もかかるし、苦労も伴う。

    この状態の初心者に、「楽譜を見ながらピアノを弾いてね」 と言うのは
    時限爆弾と同じ なのです。

    最初から難しすぎたら、挫折するのは時間の問題


    初心者にとって、楽譜を自在に読むことは
    外国語の習得 と同じくらい、難しいことに感じるもので

    実際、子供の頃からピアノを習っていた人も、優秀クラスの人はともかく
    普通の人は、スラスラ楽譜が読めるまでには、10年前後の年月を要したはず。

    (普通に習うだけでは、何年経っても、「初見」 ができなかったでしょう?)

    5歳で習い始めた子なら
    実際に、楽譜が自在に読めるようになるのは、平均して15歳前後。

    これがもし、30歳 でピアノを始めたら、楽譜を読めるようになるのは
    その10年後。40歳です。

    たとえ40歳になったとしても、できるようになるならいいですよ。

    でも、多くの人は、10年も耐えきれずに、途中で、挫折しちゃう

       ・
       ・

    これからじっくり、上級者を目指すつもりの人ならともかく

    「CDで聴いたあの曲を、すぐに弾けるようになりたい」
    大人になってからピアノを始める人は、10年なんて待てないのも事実。


    だから、初心者の人の興味は
    「いろんな曲に応用が効く 本物の実力がつくこと」 ではなく

    あの曲が、自分なりに、楽しく弾ければそれでいい (底が浅くてイイ)


楽譜の読み方とか、面倒なことは別にいいから
その曲の弾き方だけ、覚えられないかな?


    こう考える人も、少なくないのです。

    今から解説するのは、そのような方のためのピアノの覚え方。

    普段はピアノの先生として、『初見の練習法』 を教えている私ですから
    普段、レッスンで扱っている、指導手法とは違うのですが


どんなに出来が悪い人でも
挫折させずにうまくいかせるにはどうすれば?

    これもまた、「優秀な先生」 の条件のひとつであり、プランBとして
    この技も知っているのです

       ・
       ・

    今回は、本格的にピアノをやっている方向けではなく、

    今まで、ピアノを諦めていた人、「努力が長続きしない人」 に対して
    諦めるのではなく、小さな成功 をつかんでもらいたいと思って

    あえて、通常のピアノレッスンとは違う手法 を、解説します。


    どこかに 「裏技」 的な抜け道がないだろうか? 求めていた、その答えです。




  楽譜の作業手順マニュアル
  
楽譜の読み方
曲の練習法
練習のコツ
代表的な失敗例


  

 曲の練習法


 楽譜読めなくても弾ける
 「魔法の裏技」 大好き

 抜け道を教えてほしい
 私はあきらめが早いのさ

 小さな成功体験を優先
 通常のレッスンとは違う手法

 作業手順マニュアル
 カナをふれば 弾けるかな?

 パターン見つけてラクする
 グループとして言葉で表現

 正しい音と、指使いを知る
 打鍵条件をパターン化


  


   曲の難易度


  難易度のめやす

  人と比べて
  あなたは優秀な方か?



  


  姉妹サイト


  ピアノが上手になる
  超簡単ヒント集


  初見が出来るようになりたい
  ミスも 減らしたい


  
(中上級者向け 姉妹サイト)


  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
ピアノ初心者のための音符の読み方
ココを押すと中メニューに戻ります