ピアノ初心者のための音符の読み方


    楽譜を用意して 作業手順マニュアル作りからスタート (入門者向け)
menuへ戻る


「魔法の裏技」 の考え方は

相手の弱点から攻撃して、自分より強い相手を倒すこと!


   大型戦艦に対して、正面からまともに攻めるのは大変です。

   でも、相手の弱点を見つけて、水中から潜水艦で攻めれば
   意外にモロイかもしれませんよね?

   そのために、まずは相手の弱点を分析し、弱点から攻撃を仕掛けるのです。


 まずは正しい音と、指使いを知ること (練習前の準備)



   練習の一番最初は、「弾きたい曲の楽譜」 を用意して、
   正しい音と、正しい指使いを知ることからスタートします!

   「楽譜を用意する」 と言っても、音符を読みながら弾くのではなく

   その楽譜に、自分自身の書き込み (作業手順のメモ) をくわえながら

   どう  を押せばいいのか、1曲分の作業手順マニュアルを作ってしまうのです。



  楽譜を用意して 作業手順マニュアル作りからスタート!


   目の前の練習を、成功させたいと思ったら?

   いきなり 『曲の練習』 からスタートするのではなく
   弾きたい曲 の楽譜を用意して まずは楽譜を分析してみましょう!

   初心者の方は、楽譜にカナを振るのが一番最初にやることですが

   弾きたい曲 の楽譜を開いてみると、
   先頭に、おかしな記号 が書かれています。

  ここに、一つのワナが!

   何も知らない初心者は、この カナフリ だけでも間違う のですね!

   「ヘ音記号」 の段って、
   「ト音記号」 の時と カナ振りのルールが変わるって、知ってました?


 えっ? そうなのですか?


   【カナふりのための 一覧表】

   


   音符の読み方って、「左端の記号」 によってルールが変わるのです!


  解説リンク……ト音記号、ヘ音記号ってなあに?



   それを知らないままだと、

   「ヘ音記号」 の段まで、「ト音記号」 と同じルールで 読んでしまって

   「あれ? 音がおかしい! この楽譜 間違ってない?」 となるので、
   注意してくださいね!



   続いて、初心者の方がひっかかりやすい、臨時記号 の解説です!



  臨時記号 ♯♭ について

   


   学校の 音楽の授業で、

   シャープ とか フラット という言葉を 聞いたことありますよね?


   


   でも、音楽の教科書通りに 「半音上がる」 「下がる」 と覚えてしまうと?


 あれれっ? 上がる ・ 下がる どっちだっけ?
 分かってるはずなのに、ピアノだと混乱する!


   こうなってしまいます。ですので、
   高速演奏のための 臨時記号の覚え方 は、覚え方を変えます!


  解説リンク…… 臨時記号 (♯♭) をイラストで説明!



  ト音記号 や ヘ音記号 の脇に、#や♭が!


   次に、音部記号の脇 も見てみましょう。

   楽譜によっては、ト音記号 や ヘ音記号 の脇に、いくつか
   #や♭が並んでることもあります!

   

   音楽の授業で、「ハ長調」 とか 「イ短調」 などの言葉を
   聞いたことありませんか?


 言葉は聞いたことありますが、意味は分かりません!


   例えば、 の場合・・・

   「#1つ」 の時は、小節の中で、#や♭が出てこなくても
   いつも ファの位置 は黒鍵ですよ


   という印なのです。 するとこの場合・・・・


   


   ○ で囲った音符は、臨時記号がないけど、黒鍵なのです!


 えっ? そうなのですか? なんか、印をつけないと見落としそうですね!


   もし、音部記号の脇に、#や♭があるときは、

   どこが黒鍵に変化するのか、あらかじめチェックしておきましょう。


  解説リンク……音部記号の脇にある♯ (調性)


         ・
         ・


   【最低限の音符の知識】

   難しいことは これで終わりです!

   それでは、実際に、楽譜にカナをふってみましょう。


   


   この 一覧表 と照らし合わせながら、
   鍵盤でその音を確かめながら、「ミ」 とか 「ラ#」 と、カナをふっていけば

   たとえ音符が読めない方でも、簡単ですね!


 すべての音に カナをふった方がいいですか?


   カナをふるのは 一部だけ でもいいですよ。

   たとえば この楽譜を見てください。

   いきあたりばったり の覚え方ではなく
   前後の つながりを見ながら、覚えたいときは?


   【順に並ぶところは?】
   

  ◆ 色の説明

 緑のライン  順に上がる
 青のライン  同音
 黄色のライン  順に下がる


   このように、楽譜をカラフルに グループ分けすると

一つ一つの音符を すべて覚えなくても
起点 だけ カナをふれば、あとは 順に指をズラすだけ


 おおお!! これはスゴイ!!


   ねっ? 簡単でしょう?

   カナをふるときも、正面から、まともにぶつからなくていいのです!

   このように、グループ化できるものは、ひとまとめにして覚えた方が
   何倍も覚えやすくなりますし、演奏時も、ミスが少なくなりますよ!



  なるべくグループ分けして、簡単にする!


   【順に並んでる? 同じ所はない?】
   

緑のライン の音符が 順番に5つ 並んでるなら
鍵盤も同じように、順番に5つ 弾くだけ!


   全ての音符を ドレミ……と覚えるのではなく
   グループ分け できるところは、指のズラし方 で覚えるほうが、早いでしょう?

         ・
         ・

   海上の王様だった大型戦艦に、まずは、挨拶代わりの魚雷一発!

   守りの手薄な海中からの攻撃で、船底に穴が空きました!
   さあ、海の上が慌て出しましたよ!

   魚雷攻撃は、一回では終わらせません!

   何連発も当てることによって、戦艦を傾かせるのです。




  パターンを見つけてラクできる練習法

  
楽譜の読み方
曲の練習法
練習のコツ
代表的な失敗例


  

 曲の練習法


 楽譜読めなくても弾ける
 「魔法の裏技」 大好き

 抜け道を教えてほしい
 私はあきらめが早いのさ

 小さな成功体験を優先
 通常のレッスンとは違う手法

 作業手順マニュアル
 カナをふれば 弾けるかな?

 パターン見つけてラクする
 グループとして言葉で表現

 正しい音と、指使いを知る
 打鍵条件をパターン化


  


   曲の難易度


  難易度のめやす

  人と比べて
  あなたは優秀な方か?



  


  姉妹サイト


  ピアノが上手になる
  超簡単ヒント集


  初見が出来るようになりたい
  ミスも 減らしたい


  
(中上級者向け 姉妹サイト)


  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
ピアノ初心者のための音符の読み方
ココを押すと中メニューに戻ります