ピアノ初心者のための音符の読み方


   「通し練習」 中心になぜか戻ってしまう!
menuへ戻る


  【代表的な失敗例シリーズ その4】
新曲の練習 をスタートするときは
まずは 一通り、最後まで通して弾けること が目標!


半分止まりながら でも、間違って弾き直しながら でもイイから
まずは 途中で力尽きずに、最後まで弾ききれること!

   今やってる曲の練習、

   苦手な部分や、指の弱点に対して、どのように取り組んでますか?


 全体の 「通し練習」 が中心で、 「部分練習」 はほとんどやりません……


   普段は 「通し練習」 が中心。

   ミスしたところはいったん止まって、その場でもう一度弾き直しながら
   全体の 「通し練習」 を何回か繰り返すうちに、練習の終了時刻になって

   「今日もたくさん練習したから 終了!」

      ・
      ・

   これは一番ダメな例です。



  多くの人が引っかかる、代表的な失敗例!


   【代表的な失敗例】
まずは、曲が最後まで弾けること!
あとから全体的に、平均値 を上げに行こう!!


   これは、多くの人が引っかかる、代表的な失敗例 なのです!


今はまだできないけど、何度も練習するうちに、指も滑らかになって
ミスも減って、表現も上手な演奏ができるようになるだろう!


   ……ならないのです!


   その練習だと、楽譜の表面をなぞるだけで、苦手なところの

   集中治療がデキナイので、何回弾いても学習効果が得られない


   ですから下の失敗例に、心当たりありませんか?


  初心者の方の 代表的な失敗例



1. 「まずはどんなものかな~?」 試しに音を鳴らす

   (ええとぉ・・・と止まりながら、音を拾っていく!)

               

2. そんな練習でも、何日かやると、ちょっとマシになる

   (耳で音を覚えてきたので、指が当たるようになってきた)
               
3. それを「上手くなった!」 と錯覚して同じ練習を続けてしまう

   (ミスしたら、そこを弾き直しながら!)

               

4. なぜかうまくいかなくなり、「ミスのクセ」 がどんどんつく

   (部分練習をしっかりやってないから!)

               

5. ミスを嫌って、止まりながら弾くようになると?
   今度は 「ええとぉ・・・」 のクセまでついてしまう

   (余計ひどくなってしまう!)
         ・
         ・

   一時的には、上手くなったように感じるときもあります。 (2番の時期)


   これが、初心者の方がコロッと引っかかりやすいトラップ!

   うっかり引っかかって、ホイホイ誘われ出してしまうと?

         ・
         ・
  練習しているのに伸びない! なんでだろう?



  そもそも、なぜ 「部分練習」 を導入したのか思い出してください


    ピアノを習い始めの頃は、「通し練習」 しか知りません。


    入門当初の課題は 「わずか1段」 で終わるような、簡単さなので

    わざわざ 「部分練習」 をするほどでもない。


    ちょっと練習すれば、すぐに弾けるようになる。





    習い始めの頃の、簡単な課題なら?

    「全体を繰り返し弾く」 これだけで事足りてしまいます。

           ・
           ・

    やがて、ピアノ歴1~2年頃になって、

    バーナム全調 や、ギロックブルグミュラーなどに入る頃。


    課題が少し難しくなってくると、

    「全体を繰り返し弾く!」 だけでは対応できない課題が出てきます。


  あれ? 通し練習が効かない!

 







いつものように、通し練習~!

あれ? 3段目で引っかる!

もう一回、最初から~!
あれ? また同じ所で引っかかる

気を取り直して、もう一回~!
あれれ?


(以下、3456・・ 同じ失敗を繰り返す)


  なんか、毎回同じところで間違ってる気がする!


    じゃあ、引っかかるたびに、止まってやり直すより、

    先に難しいところだけ集中練習して、後から 「通し練習」 にした方がイイよね!



  昔の失敗に戻ってませんか?


    ピアノを習い始めの頃は 「通し練習」 しか知らなかった方も

    課題が少しずつ難しくなってくる頃から

    「部分練習」 という練習法も、取り入れるようになってきます!

    それなのに……


  とりあえず、曲全体 通して弾けるのを目標にしてるのですが
  いつも最後まで弾けなくて、途中で力尽きてしまいます


    それって、最初の頃の失敗 に戻ってませんか?

           ・
           ・

    「部分練習」 は、上達のために必要なモノ


    「以前の失敗」 からそう学習して、「部分練習」 を取り入れたはずなのに
    いつの間にか、必要な練習手順を省略してしまって

    気がつくとまた、一番最初の 「失敗」 に戻ろうとしてませんか?



 本当にそのミスは直ってますか?


   音を拾いにいくという意識で、「通し練習」 が中心だと

   自分の苦手部分に対して、重点練習がかからなくなります。


   本当は 重点練習 が必要な箇所なのに

   ミスしたところを、たった一回弾き直しただけ


  ミスを修正したつもり


   それは 「マイナス1」 の状態が 「ゼロ」 に戻っただけで

   プラスに向けて数十回の 「部分練習」 がかかっていないのです。

      ・
      ・

  でも、曲全体が通して弾けるようにならないと、
  曲を練習してる! っていう気になれないのです!


   その気持ちは分かります。

   部分練習より、もっと曲の形が見える、全体練習がしたいのでしょう?

   でも、よく考えてみてください。


   「練習初期から、曲全体がスラスラ弾ける!」


   もし本気でそのテーマを取りたいなら、何をすればいいか、分かりますか?


  えっ? もっとたくさん練習する?


   違います!

   やるべき練習は、この曲の練習ではありません!


   それを可能にするのは、初見力 なのですから、

   この曲はいったん横に置いて、初見力アップの練習 なのです!


   

   ですから、初心者の方 が最優先で身につけたい知識は、
   まずは、初心者の方に向けて書かれている、このHPの知識で、

   次に優先することは、「初見」 の訓練スタートなのです!




  ピアノ初心者のための音符の読み方 (TOPに戻る)

  
楽譜の読み方
曲の練習法
練習のコツ
代表的な失敗例


  

 曲の練習法


 楽譜読めなくても弾ける
 「魔法の裏技」 大好き

 抜け道を教えてほしい
 私はあきらめが早いのさ

 小さな成功体験を優先
 通常のレッスンとは違う手法

 作業手順マニュアル
 カナをふれば 弾けるかな?

 パターン見つけてラクする
 グループとして言葉で表現

 正しい音と、指使いを知る
 打鍵条件をパターン化


  


 私でも弾ける方法教えて
 楽譜が苦手でも弾ける裏技

 どうやって覚えればいい
 3通りの記憶法で挟み込む

 片手ずつの練習
 どうすればできるの?

 右手ソロの練習
 目をつぶって弾くのがコツ

 両手合わせの練習
 裏技でうまくいかせる方法

 苦手克服のポイント
 困ったときのチェックリスト


  


 ミスしたしか見てない
 今のはナシ! もう一回!

 ミスを未然に防ぐ方法
 思った以上にミスが減る

 覚えたそばから忘れる
 デキナイ原因、本当に記憶力?

 通し練習中心に戻る
 昔の失敗に戻ってませんか?


  


   曲の難易度


  難易度のめやす

  人と比べて
  あなたは優秀な方か?



  


  姉妹サイト


  ピアノが上手になる
  超簡単ヒント集


  初見が出来るようになりたい
  ミスも 減らしたい


  
(中上級者向け 姉妹サイト)


  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
ピアノ初心者のための音符の読み方
ココを押すと中メニューに戻ります